首こり

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 頭が重い感じがある
  • 首に張り、痛みを感じる
  • 手に痺れを感じる時がある
  • 目の奥が疲れる
  • 集中力が切れやすい

首こりとは?

現在、スマホやパソコンの普及、デスクワークなどで首への負担が

生活の中でとても増えてきています。

首からはたくさん大事な神経や血管が通っています。その血管には

脳に酸素や栄養素を送る道路になっています。そうすると脳が正常に

動作しづらくなり、集中力が切れやすくなったり頭痛や吐き気を催したりなどします。

また筋肉の緊張が続くと痛み物質を出し、筋肉に痛みが出たり神経に刺激が

加わり続けると手に痺れが出たりの神経症状も併発してしまう場合があります。

首は細い形状で重い頭を支えております。

頭の重量は体重の約10%ほどと言われていて、体重60kgの人だと6kgぐらいの重みになるといわれています。

そして頭の角度をまっすぐの状態を0度、首の負担を6kgとすると

前に15度ずつ倒していくとその都度で

0度(6kg)・15度(12kg)・30度(18kg)・45度(24kg)

という具合に首への負担が大きく増していきます。

このように姿勢が悪い状態が続くと筋肉が固くなり、血管を圧迫し

酸素と栄養がいかず、痛みが増してしまったり手が痺れたり、

そこから肩の痛みや背中の痛みへつながっていってしまいます。

 

首のいい姿勢

首のいい姿勢はよく顎を引くことを強く意識する傾向が多いですがそれのみですと

かえって首に負担がかかりすぎてしまうのであまりいい姿勢とは言えません。

右の図のように後頭骨・肩甲骨、そして赤い点(上が耳、下が肩の中央)が一直線上に結ばれる

状態が解剖学的に首の湾曲を崩さず、首と肩に負担をかけない状態になりま%e9%a6%96%e3%81%ae%e5%a7%bf%e5%8b%a2

顎を引きすぎると頭部がやや前傾しがちになるので負担になる場合があります。

なので顎だけを意識せず、後頭部、肩甲骨、耳、肩の位置を意識して

正しい姿勢作りをしてみましょう。

首こりにも効く肩こり改善プログラムはこちら

現代は近くのものを見がちで顎が前に出やすい生活様式になっています。

そのため普段からの悪い姿勢が定着しやすくなり、

症状・お悩み別メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る


緑ケ丘鍼灸整骨院の口コミを書く

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:30
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・日曜日・祝祭日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ

グループのご案内

求人案内