顎関節症

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 顎が痛い
  • 口を大きく開けられない
  • 口を開ける時に音が鳴る
  • 鏡を見ると、顎周りや口元が左右対称ではない
  • 噛み合わせに違和感がある

顎関節症とは

特徴的な症状

顎関節症は、

◆あごが痛む

◆口が開かない

◆あごを動かすと音がする

と言った症状が一つでもある状態のことです。

症状がある人に男女差はありませんが、受診されれるは女性の方が多いです。

病院へ行こうと思わないまでも、意外と顎関節に悩みを抱えている方は多いです。ほとんどの方が、そのまま症状を放置しております。

ですが、体にとって良い状態とは決して言えませんので、早めの治療をお勧めします。

顎関節症の症状

顎が痛む

◆顎の関節が原因
◆顎のまわりの筋肉が原因

顎の関節には、骨と骨の間に関節円板がクッションの働きをしていますが、その関節円板に炎症があったり、関節を構成する骨自体に変形がありますと、顎の痛みの原因になります。

また、顎を動かすための筋肉(咬筋、内側翼突筋、外側翼突筋、側頭筋など)が拘縮していたり、柔軟性がなかったり、筋肉に炎症が起こっていますと、動かすたびに顎に痛みが起きます。

 

 口が開かない

◆顎の筋肉が原因
◆関節円板という軟骨が原因
◆関節そのもの自体が原因
◆関節のまわりの組織に柔軟性がないことが原因

筋肉に問題があると、左右の筋肉で均等に顎の関節に力を伝えられないので、開閉がスムーズに行えません。

顎の関節のクッションの役割をしている関節円板が傷ついていたり形が変形したりしていると、顎の関節の動きがゆがんでしまい、口の開閉がズレたりします。

また、関節の周りの組織に柔軟性がないと、筋肉や靭帯、腱を引っ張ってしまい、開閉に支障がでます。

 

顎を動かすと音がする

◆関節円板という軟骨の形が変形している
◆関節円板のうごきがスムーズでなく、引っかかる

関節円板の形が変形していると、顎を動かすときに関節円板が変な方向へ飛び出てしまったり、顎の開閉に引っ掛かりが出て、関節円板が移動すると、音がします。

 

そのほかの症状

顎関節症では、そのほか以下の症状も見られます。

・口を閉じられない

・噛み合わせが悪い

・首、肩こり

・頭痛やめまい、耳鳴り

・手足のしびれ

顎の関節に問題があると、筋骨格系だけでなく、自律神経系や全身の不調にもつながります。

たかが顎の問題と捉えずに、全身にまで影響が及ぶ可能性を気に留めておくことが必要です。

顎関節症の原因

顎の筋肉に負担をかける癖、生活習慣

顎関節症の方は、ほとんどが後天的な要因です。

つまり、顎の関節に負担をかけるような生活を送ってきたから、顎関節症になります。

例え治療で治ったとしても、同じ生活習慣を続けていたら、また再発します。

逆に言えば、治すためのご自身でできる一番の治療方法は、顎に負担をかけない生活を送ることです。

 

 食事のとき、片側ばかりで噛む

食事の時は無意識なので考えたことはないと思いますが、ほとんどの方が、噛みやすい側があります。

片方だけをいつも噛んでいると、左右の筋肉のバランスが乱れます。顎の関節の圧力も左右差がでます。

その毎日の積み重ねで、顎関節に変化が出てきます。

 

 気が付くと、歯を食いしばっている

歯を食いしばる動作は、歯だけでなく、顎の関節にも負担をかけます。

無意識に歯を食いしばっていることが多いと、それだけ顎の関節に負担をかけています。

 

 歯ぎしりをしていると言われたことがある

歯ぎしりを続けることも顎の関節にとっては負担となります。

寝ているときに無意識の方がほとんどですので、マウスピース等での対処が有効です。

 

 噛み合わせが悪い、歯並びが悪い

そもそも、歯のかみ合わせが悪かったり、歯並びが悪いと、正しく顎の関節を閉じられないわけですから、顎の関節に負担がかかりゆがみの原因にもなります。

 

 ストレス

ストレスも顎の関節に影響があります。

ストレスで血流が悪くなるために、損傷した顎の軟部組織や骨の回復を遅らせます。

また、顔の筋肉が緊張して顎を引っ張ってしまったり、無意識に食いしばったり歯ぎしりをしたりします。

0934020001   0904020003

顎関節のしくみ

関節円板の動き

口を閉じたとき口を開いたとき
09670100030967010004

側頭骨の下顎窩と下顎骨の下顎頭の間には、関節円板という軟骨のクッションがあります。

 

 

関節円板の動き

09670140010967014002

口を開けるときは、指2横指分は下顎頭がまず回転します。次に指1横指分は関節円板と一緒に下顎窩から前に移動します。
口を閉じるときは、下顎窩が関節円板と一緒に後ろへ移動し、下顎窩の中に収まります。

 

 

口が開かない場合

09670140050967014006

関節円板がズレていると下顎頭が引っ掛かり、下顎頭に乗ることができずに口が開かなくなります。

 

 

音がするとき

09670140030967014004

関節円板がズレて下顎頭に引っ掛かり、口を開けたときに関節円板が下顎頭に乗り上げる時に音が出ます。

西洋医学での治療方法

マウスピース

一番多い治療方法です。使用しているのが煩わしく感じたり、寝mouthpieceている間に自然と外れてしまうこともあります。また、マウスピースでも実際には改善しない場合もありますので、万能ではありません。

 

 

 

 

 

鎮痛剤の服用

kusuri_nomu痛みが強い時や炎症がある場合は、痛み止めの薬を使うことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

咬合調整

ha_kyousei歯を削ったりして、かみ合わせを整える治療方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外科的手術

iryou_geka_doctor顎の関節内を整えたり、顎の骨を削ったりします。

顎関節症のセルフケア

顎の周りの筋肉のストレッチ

やり方

1.口を痛くなく開けられるところまで開きます。その状態で30秒キープします。

2.同じように口を開けて、今度はそのまま顎を突き出します。その状態で30秒キープします。

3.同じように口を開けて、今度は顎を右に動かします。その状態で30秒キープします。

4.同じように口を開けて、今度は顎を左に動かします。その状態で30秒キープします。

これを朝、夜に3セット行って下さい。

※痛くない範囲で行って下さい。決して無理はしないでください。

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

 

 

首、肩のストレッチ

首方周りの血流が良くなると、改善しやすくなります。

junbiundou_kata

 

 

 

 

 

 

 

 

あいうべ体操

声を出しながら、「あ・い・う・べ」と口を動かします。

0931000001093100000209310000030931000004

 

 

生活習慣の改善

歯ぎしり、食いしばりをやめる、bo-ttoshiteru_man

片方の歯ばかりで噛むのをやめる、

など顎の負担を減らします。

また、頬杖をついて横になって

テレビを見るなど、ゆがみの原因に

なることも避けてください。

ストレスを解消することを心がけて下さい。

当院での顎関節症の治療方法

当院での顎関節症の治療方法は、下記のページを参照してください。

 

顎関節症改善プログラム

症状・お悩み別メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る


緑ケ丘鍼灸整骨院の口コミを書く

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

不妊施術プログラム

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:00
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・祝日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ