ぎっくり腰

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 急激な痛みで身体を動かすことができない
  • 腰の違和感・痛みが次第に強くなってくる
  • 腰を曲げる、反らすのが無理
  • 痛くて寝がえりができない
  • 腰が痛くて歩けない

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰は医学的には急性腰痛症といい、腰椎やその周囲の軟部組織(筋肉・筋膜・靭帯など)に対し、瞬間的に強い負荷がかかり、軟部組織がそれに耐えきれず炎症を起こしてしまうものと考えられています。

 

 

 

 

ぎっくり腰の原因

若年者やスポーツをしている人がぎっくり腰を起こす原因としては、勢いよく体をひねったり、横になった状態から勢いよく起き上がったとき、高いところから飛び降りた着地の瞬間など、止まっている状態からいきなり動いたときや、動きの急激な変化によるものが多いです。

 

しかし、人によっては重いものを持ったりだとか、激しい運動をしたわけでもないのに、あるいは物を拾おうとしたり、姿勢を変えようとしただけでぎっくり腰になることがあります。
なぜそういったことが起こるのか、大きな要素の一つは慢性的な筋肉疲労です。
普段の生活の中で筋肉に疲労が積み重なったことで、それまで平気だった何でもない動きがきっかけとなり、筋肉が耐えられる負担の限界を超えてしまうのです。
長時間の座位、運動不足、睡眠不足や食生活の乱れなどが続き、疲労が回復することなく蓄積し続けると、急性腰痛を引き起こしやすくなります。

 

また、筋肉の疲労・緊張は身体の歪みも引き起こします。
長時間の同じ姿勢や、限られた範囲でしか身体を動かさない生活が続くことによって、使っている筋肉と使われていない筋肉の差は大きくなります。
これが筋力のアンバランスを生み出し、さらに関節の柔軟性も低下してくことで、身体に歪みが生じるのです。
歪みのある身体は局所の筋肉に負担をかけやすくなり、バランスを取ろうとしてまた別の場所に負担が生じていきます。
特に足首・膝・股関節など下肢の関節の動きの悪さは、腰痛につながりやすいといわれています。

 

他にも、ぎっくり腰になる原因としては生活環境や体質など様々なものがあげられます。
ぎっくり腰は単一の要素が原因ではなく、いろいろな要素が重なることによって発症するものだといえるかもしれません。

ぎっくり腰の前触れ

ぎっくり腰は急性腰痛症という名前の通り、急激に強い痛みが生じるものですが、ぎっくり腰を発症した方のほとんどが
その前の段階で腰に何らかの違和感を覚えていることが多いようです。

 

・腰が常に重だるい
・朝起きた時に腰の痛みがあるが、動いているうちに楽になる
・夕方にかけてだんだん腰が痛くなる
・常に腰のつっぱりを感じる
・腰が抜けそうな感じがする
・寝返りをうつと腰が痛い
・季節の変わり目に腰が痛くなる
・腰より下の関節に痛みを感じる

 

以上のような症状を感じている方は、日常生活を見直したり、ストレッチやマッサージなどで早めにケアをする必要があるかもしれません。

ぎっくり腰になってしまったら

ぎっくり腰にもいろいろなタイプがあります。
最初から激しい痛みを感じるもの、徐々に痛みが強くなるものなど様々ですが、まずは一番楽な姿勢を見つけることが大事です。
横になれる状況であれば寝てしまいましょう。

 

Exif_JPEG_PICTURE

横向きで背中を丸め、膝と股関節を曲げた状態が楽なことが多いようです。このとき、膝の間に枕や座布団など軟らかいものを入れると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

仰向けであれば、膝を曲げた状態が良いでしょう。この時も、膝やお尻の下に丸めたタオルや座布団などを入れておくとなお良いです。

 

 

 

 

 

 

%e3%81%8e%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e8%85%b0%ef%bc%93急激な痛みを緩和させるのにはアイシングが有効です。
アイシングの方法としては、痛む箇所にタオルを当て、その上から氷嚢や氷を入れたビニール袋などで冷やします。
約10分当てて10分外すを繰り返します。

※冷やしすぎて凍傷にならないよう注意してください。もし途中で痛みが強くなるようなことがあればすぐに中断してください。

 

 

注意を要するべき腰痛

もし以下のような症状がある場合は、筋肉や軟部組織の損傷による腰痛でない可能性がありますので、
できるだけ早く病院で診察してもらいましょう。

 

・最近大ケガをした(高いところから転落した、交通事故にあったなど)
・夜間に痛くなってくる、楽な姿勢が探せない、動きと痛みが無関係
・嘔吐や、発熱、冷や汗がでる
・腰以外にも激しい痛みがある(胸部、背部など)
・大きな病気、長期の薬物使用歴がある
・横になっていても、強い痛みが続いている(寝返りなど動作時は除く)
・足にしびれや麻痺がある
・排尿や排便に異常がある

 

腰痛改善プログラムはこちら

症状・お悩み別メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:30
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・日曜日・祝祭日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ

グループのご案内

求人案内