群発頭痛

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 目の奥をえぐられるように痛い
  • キリで刺されるような痛み
  • 目の充血、涙、鼻水などの症状がある
  • 薬を飲んでも治らない

群発頭痛について

群発頭痛は『目の奥をえぐられるような痛み』『きりで刺されるような痛み』と表現されます。

群発地震のようにある期間に集中して頭痛が起こることからこの名がつけられました。

年に1.2回、季節の変わり目などに頭痛が始まり、一度痛み始めると1~2ヶ月毎日のように続きます。

その後2~3年としばらく時間がたった後再び同じような頭痛に襲われます。

一日の中でも、就寝時や明け方に起こりやすいといわれています。

群発頭痛は20~40歳代の男性に多く、女性に比べて4~5倍になるそうです。

 

頭の片側のみに痛みがし、目の充血や涙、鼻水などの症状があります。

 

アルコールを飲んで1時間ほどたった頃に発作が現れるといわれています。

そしてタバコも誘因となるといわれています。

群発頭痛治療予防方法

群発頭痛は、鎮痛薬を飲んでも抑えられないことが多く、鈍酸素吸入法が有効です。酸素を吸入して5分ほどで痛みは軽くなってきます。発作が起こったら、できるだけ早く吸入したほうが効果的です。

 

日常生活のなかで、頭痛を誘発する要因をできるだけ取り除きましょう。
群発頭痛は飲酒、たばこ、ストレス、気圧の変化が誘因になるといわれています。
群発期間は禁酒、禁煙を心掛けましょう。

 

頭痛改善プログラム

症状・お悩み別メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る


緑ケ丘鍼灸整骨院の口コミを書く

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

不妊施術プログラム

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:00
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・祝日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ