熱中症で起こる頭痛とは?

2016/11/06 | カテゴリー:お役立ち情報

日本の夏は湿度も気温も高く非常に体に負担が大きい気候となります。

そこで毎年問題になるのが「熱中症」です。

そもそも熱中症とはなんなのだろうか。

◆熱中症とは?

熱中症とは、屋外・屋内関係なく熱い環境下に晒され、そこに体が順応しきれず不調を訴える状態を指します。

これらには、環境条件、体調、行動のバランスが崩れて上手く機能しなくなってしまった場合に引き起こされます。

 

①環境条件・・・湿度が高い、高温、無風、空調がない室内など

②体調・・・下痢・嘔吐・激しい運動での脱水状態、寝不足、高齢者(水分量が低い)・子供(体温調節機能が未発達)、肥満の人

③行動・・・長時間の激しい運動、水分を摂らない、炎天下での作業

これらの要素が重なり合うと熱中症を発症しやすくなるといわれております。

◆症状

症状は様々ありますが、その中で今回は頭痛についてピックアップしていこうと思います。

熱中症で起こる頭痛には脱水症状が挙げられます。

脱水症状が引き起こされるとへ津駅の循環が悪くなります。

それらにより、脳への血液循環も不足していきます。そうすると脳への栄養や酸素の不足、またそのストレスにより血管が拡張され「拡張性頭痛」になります。そうすると血管を取り巻く神経が刺激され痛みを発症します。

◆対処法・予防

脱水症状による症状、拡張性頭痛を抑えるためには体温を下げることとしっかりと十分な水分を補給するところにあります。

そして屋外で活動していた場合は空調の効いた室内に移動するか、木陰で休むなどをして避暑に努めましょう。

他に動脈が通っている頚部だったり腋下(脇の下)、内腿を冷やしてあげるのがベストです。

その他の頭痛の詳細はこちら→頭痛の種類

日頃から頭痛にお悩みの方はこちら→頭痛改善プログラム

お役立ち情報一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る