オスグッド病

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 正座が痛い
  • 走ったり跳んだりすると痛い
  • 膝のお皿の下が痛い
  • 膝下が腫れる

オスグッド病とは?

小さいお子さん、もしくは自分が小さかった頃、特に男性の方で急に膝が痛くなる、正座をすると膝のところで骨がぶつかるようになって痛い、身長が伸びた後膝が痛くなった、そんな経験はなかったでしょうか。

もしかしたら、それは「オスグッド病」かもしれません。

オスグッド病とは膝のお皿の下に出っ張りになっている「脛骨粗面」が成長期に筋肉と骨の成長速度のアンバランスさ、またはオーバーユース(使いすぎ)により炎症、隆起する症状のことを指します。

好発部位・年齢

膝のお皿の下(脛骨粗面)・10~15歳の子供(スポーツをしている子が多い)

症状

膝蓋骨(膝のお皿)の下に脛骨粗面に痛みや腫れを伴います。

一口に言うと「成長痛」ですが、主な原因としては大腿四頭筋という太ももの前の筋肉の使いすぎや固さによるものになります。大腿四頭筋は「外側広筋」「中間広筋」「内側広筋」「大腿直筋」の四つの筋肉で構成されます。

a20120817180552323-ja-xs-png

そしてそれらの筋肉が膝のお皿「膝蓋骨」の上でまとまり、膝蓋骨を越えてその先で膝蓋靭帯になり脛骨粗面に貼りついていきます。そして陸上やバスケ、サッカーなど走ったり跳ねたりすると太ももの前の筋肉が緊張したり、固くなって脛骨粗面の部分のストレスが高まり、場合によって剥離されていく場合あります。

 

オスグッド病になりやすい人

オスグッド病は同じ体格、同じスポーツでも出る方、出ない方に分かれます。

これは骨、筋肉の成長のバランス、骨・筋肉の質によって異なってきます。

その中でなりやすい方がこちらになります。

太ももの前の筋肉が固い

走ったり跳ねたりのスポーツをしたりで太ももの筋肉が緊張し続けると付着部に負担がかかり続けるので炎症を引き起こしやすくなります。更に、練習後に十分なケアが出来ていないとドンドン筋肉の柔軟性が生まれやすくなり、結果運動してないときでも弱い負担が継続されるので負担が出てきてしまいます。

他には十分な睡眠時間をとらずに体の回復が十分に出来ないと上記と同じように筋肉の質を下げてしまいます。

筋力アップを中心とした練習が過剰に続くと同じように筋肉の固さが増し、これも同じように付着部の骨に炎症を起こします。

急に身長が伸びる

 

オスグットの治療法

安静

体の回復には安静・休養が一番大事になってきます。

成長期は特に体のアンバランスさなどが出てしまいやすいです。

その中であまりに無理をかけ過ぎてしまうのは痛みを助長させることに繋がってしまいます。

痛みが強い場合は、まず1週間~2週間痛みの出る運動は避けていきましょう。

痛みを我慢して動いてしまうと炎症の増悪や炎症部位の隆起を促してしまいます。

アイシング

痛みが強い、熱を持っているなどの場合、アイシングも有効です。

痛みの出ている部位を冷やすことにより、炎症を抑えることができます。

この場合ビニール袋などに氷水を作って冷やすのが一番効率よく炎症を抑えることができます。(5~10分)

※シップに冷やす効果はないので注意!

サポーター

オスグット用のベルトで靭帯の付着部を圧し、炎症が出ないように抑える

などの処置が効果的です。

 

 

スポーツ障害プログラム

症状・お悩み別メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る


緑ケ丘鍼灸整骨院の口コミを書く

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

不妊施術プログラム

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:00
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・祝日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ