テニス肘

こんなことでお悩みではありませんか?

  • テニスでバックハンドを打つ時に痛む
  • ゴルフでインパクトの時に痛む
  • 赤ちゃんを抱っこしているときに痛む
  • パソコンでマウスを操作しているときに痛む
  • 中華鍋を振っているときに痛む

テニス肘とは?

テニス肘(テニスエルボー)と言われる症状は、テニス愛好家に多いことから名づけられました。

しかし、ゴルフや重いものを繰り返し持つことや、細かい手作業で腕を使う場合や、パソコンやスマホ作業などの繰り返し動作でも、肘の外側が痛くなります。

一度発症すると、なかなか完治せず、完治しても再発しやすいことが特徴です。

 

テニス肘は医学用語では、「上腕骨外側上顆炎」と言います。

肘の外側が痛いことを総称して、テニス肘と呼んでいます。

実際にテニスで肘を痛めた方は、全体の1割程度で、4割の方は重量物の繰り返し運搬時に痛めています。

テニス肘の原因

手首を上に向ける動作(背屈)に使う筋肉を短橈側手根伸筋と言います。

この筋肉は、上腕骨の外側上顆に腱組織となって付着します。

短橈側手根伸筋を繰り返し使うことで、腱組織や付着部に負担がかかり、微細な断裂が起こり炎症が起こります。

場合によっては、安静時にもズキズキ痛み、腫れや発赤も起こります。

テニス肘の予防法

・こまめにストレッチを行う

・運動前にウォーミングアップを入念に行う

・運動後はアイシングを行う

・テーピングやサポーターで保護する

テニス肘の当院の治療法

・肘の炎症を抑え痛みを取り除く治療

・腕の筋肉の柔軟性を取り戻す治療

・ひじ、手首の関節の調整

一般的な整形外科さんでは、日常生活に支障がないレベルまでしか対応していないことが多いです。

競技レベルまで復帰したい回復させたい場合は、より手厚い治療が必要になります。

さらに、再発防止まで当院では対応できますので、一度ご相談ください。

スポーツ障害プログラム

症状・お悩み別メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る


緑ケ丘鍼灸整骨院の口コミを書く

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:00
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・祝日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ

グループのご案内