腰部脊柱管狭窄症

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 病院で狭窄症と診断されたが治療してもらえない
  • 痺れや痛みで短距離しか歩けない
  • 短距離しか歩けないので出かけられない
  • 前かがみになると良いが痺れと痛みが強い

症状

腰椎内部の神経の通路である脊柱管が
何らかの原因で
狭くなる事により、
管の中に通っている神経が圧迫されて

痛みや、シビレといった症状が
出てくるのが
腰部脊柱管狭窄症です。

 

腰部脊柱管狭窄症の一番の症状は痛みやシビレによって
長い距離を続けて歩行する事が出来なくなります。

特徴的な症状は
歩行中に継続して歩行する事ができずに休憩をとる
少しの休憩で再度歩行を開始する事ができる。

このように歩行と休憩を繰り返して歩く事です。
これを間歇性跛行と言います。

背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、
ふとももや、膝の後ろにシビレや痛みが出て
歩きづらくなってきます。
しかし、腰かけたり、前かがみになると
シビレや痛みが軽減していきます。

なりやすい人

比較的に高齢者の方が多いといわれています。

また、若い時に重い物を持つ事が多かったり、
中腰の姿勢が多い方、腰の痛みを長期間我慢していた方は、
変形性脊椎症が起こりやすく進行しやすいです。
さらに変性すべり症は女性に多いです。

このように腰に負担がかかっている方
腰部脊柱管狭窄症になりやすいです。

当院の治療内容

手技療法により各関節を動かし周辺の筋肉を緩めます。

PNF(電気治療)や鍼灸療法で、

深部の筋肉や神経までアプローチします。

整体(カイロプラティック)やSPAT(ソフト整体)で矯正をします。

 

腰痛改善プログラム

症状・お悩み別メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る


緑ケ丘鍼灸整骨院の口コミを書く

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

不妊施術プログラム

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:00
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・祝日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ