腰椎椎間板ヘルニア

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 足のしびれや痛みがある
  • 立ったり座ったりなどの姿勢をしているのがつらい
  • 少し前かがみにしても痛みやしびれが強い
  • 腰の痛みがなかなか良くならない

椎間板ヘルニアって??

腰の部分の背骨(腰椎)は5個の椎骨があり、
腰から上の椎骨の中でも、腰部にある椎骨(腰椎)は体重を支えるうえで最も荷重を受けます。
その椎骨と椎骨の間に挟まれクッションの役割をしているのが、「椎間板」です。

椎間板ヘルニアは腰椎の椎間板に障害をきたしているものを「椎間板ヘルニア」と呼びます。
その椎間板が何らかの原因によって飛び出してしまい、脊椎の中の脊柱管を通る神経を圧迫してしまうことにより痛みやしびれ等の症状が現れます。

障害をきたすと、激しい腰痛と片側の足のしびれを伴う痛みが起こります。
痛みやしびれが出る部分は圧迫されている神経によって異なります。
痛みやしびれは部位や圧迫の強度によって症状の強度も変わってきて、場合によっては痛みやしびれによって立っていられないほどの場合もあり、思うように足を動かせないような運動麻痺などを起こすこともあり、ひどい場合は手術をしなくてはならない場合もあります。

どんな症状??

これらの様な腰痛の症状がある場合はただの腰痛ではないかも・・・

長時間同じ姿勢でいると痛みが強くなりじっとしていられないことや前かがみなどの前屈姿勢で痛みが強く出てしまうので何かを拾う動作が大変、痛みが強いのでかばっていたら姿勢が悪くなり人に「曲がっているよ~」などと注意されるようになったという方や、腰からもも、ふくらはぎの外側にかけてのしびれ感や痛みがある、下半身を触った時の感じが何かおかしい・・・といった症状がある方は腰椎椎間板ヘルニアの可能性が疑われます。

治療法は??

当院での治療法は、背中から腰部にかけての大きな表層にある広背筋等は手技療法で緩め、深層にある腰方形筋や脊柱起立筋などはPNF(電気治療)や鍼でゆるめます。

そして、整体を行うことで骨格のゆがみを整えます。

お体の状態が良くなり始めたら同時に腹部周りの筋肉(横と下部)を『E‐TRON』を使い筋力を強化する事で腰・骨盤周辺が安定するので痛みが引きやすくなります。また、再発の予防にもなります。

腰痛改善プログラムへ

症状・お悩み別メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る


緑ケ丘鍼灸整骨院の口コミを書く

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

不妊施術プログラム

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:00
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・祝日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ