オスグット・シュラッテル病

こんなことでお悩みではありませんか?

  • ひざの下がズキズキ痛む
  • サッカー・野球等の練習で走ると痛む
  • ひざの下が熱をもち痛む
  • 走る・踏ん張る・ジャンプ等で膝の下が痛む

オスグット・シュラッテル病とは

下肢の成長痛のひとつで、小学校高学年から中学生頃の成長期に多く見られます。

スネの骨の上部が痛くなる症状です。
太ももの筋肉は、膝蓋骨(膝のお皿の骨)を通過して、スネの骨の上部に停止しています。

走る動作など太ももの筋肉を使う、屈伸・踏み込み・ジャンプ動作などをすると、その部分に負担が集中して痛みが出ます。

症状が進行すると、骨がまだしっかりと形成されていない若年者では、はく離骨折となる場合もあります。

治療内容

炎症症状を抑えるためと、太ももの筋肉をほぐすための施術を行います。

電気治療、マッサージ、サポーター等の固定など、症状にあわせて施術を行います。

痛みがなくなるまでは

痛み(炎症)を助長させないように、温めるような入浴を控えてシャワー程度にしましょう。
練習後など使った後はアイシングをしましょう。

屈伸・踏み込み・ジャンプ動作・階段でのランニングは控えて下さい。

強い痛みが落ち着いたら、ストレッチを行うことをオススメいたします。

 

 

 

施術メニュー・料金のご案内へ

スポーツ障害プログラム

 

 

症状・お悩み別メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る


緑ケ丘鍼灸整骨院の口コミを書く

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

不妊施術プログラム

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:00
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・祝日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ