骨格のゆがみの発生原因

2018/04/27 | カテゴリー:健康情報ブログ

 

① 内臓筋肉反射

 

内臓筋肉反射内臓機能障害

→無自覚な筋緊張増加

→関節での特定方向への持続的牽引力増加

→慢性的なゆがみ

 

② 繰り返し運動

 

繰り返し運動により、その方向への筋力増強

→それを支える骨格強化が追い付かないとその方向へのゆがみ固定化

 

③ 同一姿勢の長期持続

 

デスクワークや接客業での長時間立位、歯科医など同一姿勢が長く続くと、

その姿勢保持に筋緊張、筋疲労、またそれを回避しようとして

偏って筋肉が使われゆがみの原因となる。

 

④ 外傷

 

外傷による特定方向へのゆがみ(変形)

→それにより起きる関節周辺の筋緊張のアンバランス発生

→ゆがみ(変形)の戻り方向の筋緊張アンバランス

→治癒促進

→ゆがみ(変形)の増強方向の筋緊張アンバランス

→治癒遷延・慢性化

 

⑤ 出産

 

妊娠中に大量に分泌されるリラキシンにより、仙腸関節や恥骨結合が緩み、そこに骨盤底筋の筋力不足が加わると骨盤のゆがみが発生する。

 

 

 

一般的には、①が多いが、職業歴・スポーツ歴・既往歴により、②③の可能性もある。

また、出産経験のある女性の場合の下半身トラブルは⑤の可能性がある。

健康情報ブログ一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

不妊施術プログラム

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:00
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・祝日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ