不眠症改善プログラム

自律神経が乱れると睡眠障害が起こります。安眠のツボや背中の張りを整え、自律神経系を調整して、症状を改善するプログラムです。

不眠症

日本では5人に1人が不眠症で悩んでいて、その割合は年々増えています。

20歳から30歳に始まり、加齢とともに増えていき、中年、老年と急激に増加します。

男性に比べ女性に多いといわれています。

 

不眠症の種類

不眠症の症状は主に4つにわけられます。

1つだけのこともあれば、2つ以上のタイプを併発する場合もあります。

入眠困難→寝ようとしてるのになかなか寝付けない。眠りにつくまでに30分~1時間以上かかる。

中途覚醒→ 睡眠中に何度も目が覚める、目が覚めると再び眠りにつくまでに時間がかかる。

早朝覚醒→起きる時間の2時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなる。

熟眠障害→寝ている時間は長いが、寝た気がせずに全く疲れが取れない。

 

 

不眠症の原因

環境→枕が変わる、騒音、明るさ、温度、時差がある場所

身体→年齢、性差、痛み、かゆみ

心理→極度の緊張、興奮、ストレス

→カフェインやアルコール

などの要因が考えられます。

 

それから自律神経の乱れで起こると思われます。

自律神経は交感神経(日常活動してるとき)と副交感神経(寝ているとき)に2つに分けられます。

寝るときに交感神経が興奮すると寝れなくなります。

交感神経と副交感神経の切り替えが大切になってきます。

不眠症改善プログラムのこれからの流れ

無題

特別治療メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:30
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・日曜日・祝祭日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ

グループのご案内

求人案内