耳鳴り・難聴改善プログラム

耳鳴りや難聴は様々な原因があります。

多くの方は、首肩の張りにより血流障害が起こり、聴覚の神経系の働きの乱れによって起こります。

施術によってその原因を改善していくプログラムです。

耳鳴り・難聴って?

illust3050普段生活をしている中でキーーンとなるような音だったり、ボーーッと低い音が鳴ったり

もしくは、耳の聞こえが悪くなってしまった。

そんな体験をしたことはありますか?

それらは耳鳴り・難聴という症状を呈していることがあります。

耳鳴り・難聴に関しては様々な原因によって引き起こされている場合があります。

耳鳴りの種類

耳鳴り・難聴はそれぞれ様々な原因があり、それらによって症状、治療法が変化してきます。

まず耳鳴りの大別として

 

自覚的な耳鳴り(自分にしか聞こえない耳鳴り)

・・・原因により様々ですがキーンという高い音やジーーという低い音などが挙げられます

他覚的な耳鳴り(聴診器など、他者にも聞こえる耳鳴り)

・・・ザー、ザーやドクッドクッなどのように血液の流れるような音が挙げられます。

音の高低差での分類

高音性耳鳴り

・・・ピーーという音やキーーンなどの電子音、または機械音のような音が聞こえる。

      特徴としてはある程度での持続性をもつことと耳を押さえたりすると聞こえ方がはっきりする。

   <症例>メニエール病、老人性難聴など

低音性耳鳴り

・・・ボーー、ゴーーのような耳に何か異物が入り込んだかのようなこもった音が聞こえる。

   <症例>急な気圧の変化やストレス性によるものが多い

出方での分類

突発性などの急に出るものと慢性的に継続して出るもの

などが挙げられます。

難聴の種類

難聴にもいくつかの種類があります。

伝音性難聴

・・・音が耳を神経へと伝えるところまでの障害になります。(外耳・中耳)

例を挙げると耳垢が詰まっていたり中耳骨や鼓膜などといった部分での障害です。これらは投薬、施術などにより回復の見込めるものになります。しかし、耳小骨の癒着や無耳症の治療に関しては頭部の切開などが必要な場合があり、その周囲にはだいじな器官や神経があるので症状が回復したとしても他に障害が残る可能性があるという課題が残されがちです。音量を感じづらくなります。

感音性難聴

・・・中耳以降に音が届き、それらを伝える神経系での障害になります。ここで脳に伝えるまでの電気信号の働きがうまく機能せず、正常に伝達出来ない状態になります。今現在ですとこちらの感音性難聴に関しては現代医学では明確な治療法が見つかっておりません・・・。

※突発性難聴もこちらの感音性難聴に含まれますが、ストレス、血行不良から来る場合が多くそちらに関しては耳回り、首周りの血行を促進させて回復を図ることは可能です。

耳鳴りや難聴の原因は?



耳鳴りや難聴の原因は様々なものがあると思われますが、当院では背中から上の部分の血行不良によるものや、ストレスや自律神経の影響で起こっているものの治療ができます。3896-450x337

問診の際に細かくお聞きして、原因を特定して行くことで治療の方向性を決めるとともに生活の中で原因となる事柄を少しでも少なくする事で治療効果を高め、一日も早い改善を目指します。

耳鳴り治療、肩こりや血流の流れが原因の場合


l_046耳鼻咽喉科での治療に加え、マッサージや休養をとることも効果的です。


l_047肩こりなど慢性的に疾患があると感じている人は、肩こりの改善を心がけましょう。


当院では手技療法・鍼灸療法・電気療法などで背中、肩、首周辺の血行改善を
促す治療を行います。

勿論ご自身でできる体操・ストレッチ等も一緒にやって覚えていただき、ご自宅でもできるようにします。




ストレスや自律神経の乱れが原因の場合

十分に休養を取る。



gatag-00013762

if_0300016501

また、鍼や灸での治療や軽い運動も効果的です。鍼やお灸は手軽にできる内側からの改善です。

身体の中の血行を良くすることで、耳鳴り以外の改善にもつながります。pixta_8476803_somg0i9a9158280130554_tp_v

 

当院での治療

耳鳴り・難聴は聴覚の機能を正常に行うために必要な栄養や酸素が不足していることが多くあります。

本来、正常に機能させるにあたり栄養と酸素が必要になり、また回復のためにもそれらが必要になります。

当院では治療にあたりまして「耳のみ」ではなく、そこへ必要な栄養や酸素を送る血流の促進、その血流を阻害してる原因の除去も並行して行っていきます。

まずは首を取り巻く筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋、斜角筋etc)があります。
????????

 

 

 

 

まずこれらを手技療法、電気療法で緊張を緩和させ、圧迫を除去していきます。

そして鍼治療で

「耳門 聴宮 聴会」


dsc02573

 

 

 

 

 

を刺激します。それにより高まった神経、または弱っている神経の失調を整え、伝達の機能回復を促します。

そして本来の正常な状態へと状態を整えていきます。

当院の受診の流れ

まずはやってみましょう!!

耳鳴りは専門医でも未だにわからないことが多く、治療法が確立されていない領域です。西洋医学、東洋医学、民間療法と様々な治療法がありますので、あきらめずに自分にあった治療法を探してみてください。
まずは、当院の治療をお試しください。

自律神経メニュー一覧へ戻る

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

お客様の喜びの声

健康からキレイへ。美容はり・フェイシャル・ボディトリートメント

逆子の灸 無料相談実施中

不妊施術プログラム

違いがわかる!ビフォーアフター

各症状と施術例

営業時間
10:00~13:00
15:30~20:00
※木曜日は10:00~13:00まで。
※はじめての方は午前午後の最終受付30分前までにご来院下さい。
定休日
木曜日午後・祝日
お電話
046-222-1414
住所
〒243-0817
神奈川県厚木市王子
1-1-21-101
代表者
谷貝 智宏

公式スタッフブログ

amebaブログ